ブログBLOG
2021.10.25

あと1週間、何ができる?

こんにちは。ことばの発達アドバイザーのまゆみです。


幼稚園・小学校の受験まで、残り約1週間になりました。
「今から何ができますか?」「1週間前は何をやったら効果的ですか?」
などのご質問をいただきます。

お答えは、「いつも通りにお過ごしください。」と「たくさん褒めましょう。」です。

いつも通りの生活は、お子様の心の安定につながります。

お子様は「あと1週間で本番の日」ということがわからない場合が多いでしょう。たいていは、大人である保護者様が平常心でいられなくなります。
保護者様が平常心でなくなると、お子様もイライラしたり、はしゃぎ過ぎたり、保護者様の心情が伝わり、悪循環に陥るのです。

今までの生活習慣を崩さず、特に気を使って優しくすることもなく、かといって直前に厳しくしたり、習得できていないことを詰め込むこともなく、いつも通り過ごしましょう。(意外とこれが難しいですよね。)

残り一週間、「できることはしたから、大丈夫」そんな言葉を自分自身にかけてください。なるべく保護者様ご自身がリラックスできる状態を保つように心がけましょう。

お受験の準備をいつから始めたのかはご家庭それぞれでしょうが、振り返ってみてください。

大きく成長した我が子の姿があるのではないでしょうか。

お試験には合否が出るので、もちろん合格を頂きたい。親の願いはわかります。
しかし、受験を通して成長した我が子の姿こそが成果です。

ですから今は、この数か月~数年の努力に自信を持って、お子様を褒めて差し上げてください。

子どもは親の期待に応えようと思っているはずです。

母に褒めてもらいたいと思っているはずです。

しっかり受け止めてたくさん褒めて、そして、お試験に送り出しましょう。


最後に、もしご縁がいただけなかったとしても、それは受験に失敗ではありません。
なぜなら、受験を通して成長したという結果は、失敗ではないからです。

お受験にチャレンジした場合と、チャレンジしなかった場合を検証することはできませんが、成長の仕方はきっと違っていたはずだからです。

小学校受験のお子さんでしたら、「よく頑張ったね。」「お疲れさまでした。次にまた頑張ろうね。」など、お子さんへのねぎらいの言葉を用意しておいてくださいね。そして、保護者様はご自身をたくさん褒めてください。

親の頑張りは、なかなかねぎらいの言葉をかけていただけないものです。しかし、お子さんと同じくらい頑張ったのは保護者様も同じだから。自分で自分をほめよう!ご褒美を上げよう!!一区切りしたねぎらいを、ご自身にも忘れないでくださいませ。

そして、次の準備に進みましょう。


ご質問や・体験レッスン・ペアレンツスクールお問い合わせ、ご希望は

こちらから

お気軽にご連絡くださいませ!

それではまた、ごきげんよう!
2021.10.18

冬こそ、水分補給を!そしてミカンを食べよう!!

こんにちは。ことばの発達アドバイザーのまゆみです。


受験をお考えになると、学習のお取り組みについ目が行きがちですが、何よりも大切なのは「規則正しい生活習慣」です。

毎年、秋~冬になると特に多くなるのが、便通困難な子どもたち。
特に毎日便が出ていないお子さまは、イライラや癇癪がでても不思議ではありません。

原因は、様々な理由が考えられるのですが、その一つに水分補給不足があげられます。

発汗は少なくなる季節ですが、水や麦茶を(ジュースは水分では無いですよ!)積極的にとりましょう。少ない場合、肌が乾燥する、便がかたくなる(出にくくなって便秘へ)など、様々な症状がでてきます。

人間の身体は、体重の約60~80%は水で満たされています。1日に必要な水分量は、幼いときほど多く、体重1kg当たり、新生児で50~120ml、乳児で120~ 150ml、幼児では90~100ml、学童で60~80mlが必要と言われています。
(体重15kgの子どもは、毎日、約1.5ℓ必要となる計算です。)

離乳食が進んできたときに便秘になりがちなのも、水分量が足りていないことが理由の場合が多いです。ミルクは甘いので、同時に白湯など甘くないものを飲む練習をしましょう。味覚も徐々に発達していきますから、生後6ヶ月くらいから積極的に白湯や麦茶を飲めるようにしていると、大ききなってもお水を飲むのが大好きになりますよ。

便秘の予防
・規則正しい食事と睡眠
・体を動かす、運動する
・水分補1日1,5ℓ(ジュースやアルカリ飲料以外で)
・ヨーグルトや発酵食品をとる
・野菜や果物を毎食、食べる


また、寒くなると風邪をひく人が増えます。まだコロナウィルスが収束していないので、できれば風邪もひきたくない!

風邪をひくのは人間とチンパンジーとモルモットだけだという説があり、その根拠は体内でビタミンCを作り出せない動物が人間とチンパンジーとモルモットだからだそうです。昔から「風邪の時はキンカンを食べろ」とか「柿を食べると風邪をひかない」と言われているのも、それらの果物にビタミンCが大量に含まれているためでしょう。

しかし、ビタミンCが直接風邪の薬になるわけではありません。風邪を予防したり治したりするホルモンは体内の副腎で作られますが、ビタミンCはそのホルモンを作るための材料になり、風邪のウイルスの繁殖を防ぐ働きをします。

ですから、「風邪をひいてから食べるのでなくひかない為の予防の意味で、ミカンを毎日食べましょう」というのが正解ですね。

他にも、ミカンの香りには「覚醒効果」や「免疫機能回復効果」がありますし、酸っぱさのもとの「クエン酸」には「疲労回復」や「抗菌作用」があります。食物繊維である「すじ」や「袋」には「整腸作用」があります。(袋ごと食べたほうが果肉だけに比べて4倍近く食物繊維が摂取できるので便通にも良い!)

単にビタミンCだけで考えれば、キウィやイチゴなど他のフルーツの方が多く含まれていますが、トータル的な効果を考えると、これからの季節にミカンのパワーはスゴイ!のです。

旬をむかえてこれからもっと出回るミカン。皮はぜひ、ミカン風呂に♪


ご質問・体験レッスン・ペアレンツスクールお問い合わせ、ご希望は

こちらから

お気軽にご連絡くださいませ!

それではまた、ごきげんよう!
2021.10.05

小学校内部クラス・受験クラスの新年度は来月から始まります!

こんにちは。ことばの発達アドバイザーのまゆみです。

11月より受験クラス(土曜日)の新年度がスタートします。
新年長さん1名、新年少さん1名、空きがございます。
淑徳小学校、星美小学校の内部進学・受験生のクラスです。
下記到達度目標をご参考になさってご連絡を頂きたく存じます。


▼淑徳小・星美小 受験クラス、内部進学クラス 到達目標▼

生活面
・規則正しい生活リズム(早ね・早起き)をつける。
・お箸を使いこなして食事ができる。
・食事をこぼしたら、自分から拭ける。
・決められた時間内、席を立たずに食事ができる。(目標30分)
・雑巾やタオルを絞って使う事ができる。
・靴を脱いだら自然に並べ下駄箱にしまえる。
・決まった時間に排便ができる。
・汗がでたら、自分で拭く事ができる。
・30分くらい、自分で歩こうとする。
・簡単なお手伝いを喜んでする。
・ほうきを使って履く事ができる。
・じゃんけんが出来る。

社会性
・友達に興味を持ち、仲良しの友達を自分から作り楽しく遊べる。
・公共の場でのマナーを意識する。(道徳の理解)
・幼稚園の支度を自分でする。
・順番を待つことができる(ストッパー機能)

運動機能
・ボール…2メートル以上の離れた相手に下から前方に投げる。
・片方の手で、肩から投げられる。両手で受けと取る。蹴る。的当てができるなど。
・両足跳び(ケンパー跳び)、ジグザグ走りができる。
・マットなどの上で前転、横転ができる。
・クマ歩きが右回りでも左回りでもできる。
・鉄棒での前回りができる。
・体支持が30秒位できる。
・ジャングルジムに登れる。
・ブランコに乗れる。
・音楽に合わせて、行進・走る・止まる・スキップ・ギャロップ・クマ歩き・ワニ歩きができる。
・模倣体操ができる。
・輪投げができる。

言語
・名前・年齢・誕生日・住所・電話番号・幼稚園・両親など「はい、〜です」と質問に答える。
・自分の意思を、文章になった言葉で表現できる。
・相手の目を見て話す事、聞く事ができる。
・2枚の絵を見て、お話を創作できる。
・同頭語、同尾語集め、しりとりをたくさんしましょう。
・絵を見て、擬態語や擬声語を言葉で表現をする。(ザーザー、シクシク、フワフワなど)

記憶
・絵本や紙芝居に興味を持ち、集中して見る。
・登場人物の名称や、物語の中に出てきた物の順番などを記憶する。
・図形、位置、色の3要素、絵、話の記憶ができる。
・「リンゴ、バナナ、みかん、いちご」「2、4、1、3」などの言葉や数字を瞬時に記憶する。
・5個の入れ物に5個中3個〜5個の中に玩具をいれ、何処に何が入っていたか、又は場所の移動の記憶力を鍛える。更に、入れ物が動いても目で追い、追視ができる集中力を鍛える。
・カードの記憶(トランプの神経数弱など)

数量
・正確に数を数える。
・10までの数の簡単な足し引きを操作する事ができる(年中)。
・20までの数の簡単な他紙引きを操作することができる(年長)。
・一対一対応(年中)~1対多対応(年長)が理解できる。
・「おはじきを5個取る、数の2等分・3等分などの操作ができる。
・1〜2個差くらいの多少の判断ができる。
・マス目の位置が理解できる。

巧緻性
・ハサミ(直線・曲線・斜めの線を切る)、ホチキス、穴あけパンチ、スティック糊など道具を正しく使う。
・折り紙、図形構成の推理をする。
・紐をこま結び・リボン結びができる。

常識
・身近な物に助数詞をつけて数えられる。
・野菜、果物、乗り物、動物、昆虫の名称などが解る。
・生活の中での道具の名称と用途が理解できる。
・風の向き、光と影の位置、水に浮かぶ物、磁石の性質の理解。
・1年の意識、月の意識、時間の経過に興味をもつ。カレンダーが読める。
・アナログ時計が読める。

絵画
・○、□、△、◇、×が描ける。
・人間の顔、全身が描ける。季節や行事の体験を絵で表現できるようになる。
・天と地を意識して、紙面上で表現できる。
・白い画用紙に指示通りの絵が描ける。
・白い画用紙に自由に絵が描ける。

推理力

・同図形の発見、異図形の発見に興味をもつ。
・点図形が描ける。
・系列が理解でき、具体物やプリントで理解できる。
・観覧車や図形の回転に興味をもつ。
・水の嵩が理解できる。
・三角形の構成ができる。(目標16枚)
・積み木の、隠れた積み木の存在を理解しカードを見て作る事ができる。
・サイコロの理解と展開図に興味をもてる。
・鏡が理解できる。

比較力
・比較(大きい・小さい・長い・短い・太い・細い・高い・低い・重い・軽い)が理解できる。
・順序性が理解できる。
・位置が解る。


ご質問はやご相談はこちらから、お気軽にご連絡くださいませ!

ではまた、ごきげんよう。
2021.10.01

ストレスに強い身体を作る!

こんにちは。ことばの発達アドバイザーのまゆみです。

10月に入りました。
朝晩の寒暖差のためか、鼻風邪をひかれるお子さんが増えてきた気がします。
子どもたちは少しずつ、風邪をひきながら、熱を出しながら抵抗力をつけて、強い身体になっていきます。

「強い身体」=「体力」とおもわれると聞くと、運動能力を想像する方が多いのではないでしょうか
体力には、大きく分けると2つがあります。
「行動体力(運動をするための体力・積極的に動いていくからだの行動力)」と「防衛体力(ストレスに耐えて、生命を維持していくための体力)」です。


かけっこが速い、縄跳びや跳び箱が跳べる、球技が上手にできる、泳げる、高く跳躍できる、などなど。
運動のセンスは、生まれ持ったDNAも影響しているかもしれません。

皆さんが思われている「体力をつける」の中に、ストレスに耐えられることも含んでいる「防衛体力」をぜひ、意識して入れてください。
よく食べ、よく寝て、運動して(体を動かして)、少しずつ負荷をかけて乗り越えることにより、ストレスにも強くなっていく、ストレスに耐えられる身体は、親の意識で変わります。子どもの気持ちを考えすぎず、時には毅然とした態度で接したいですね。

心身ともに健康なお子さんに育ってほしいのは、親であれば当然の望みだと思います。
その為に、食事・睡眠の管理には気を使われていることでしょう。

前述のように、ストレスに強い身体を手に入れる為には「食事、運動、睡眠、ちょっとしたストレスをかける習慣」を、5年・10年の長いスパンを継続し続けることが必要なのです。

体力は生活習慣によって蓄積され、身につくもので、先天的疾患がない場合は特に、親の意識で「つくか」「つかないか」変わります。
知識や学力のように、子どもが後からトレーニングして身につくものではありませんから、今から始めたいですね!


他にも、プロのコツをこっそりお伝えします!ご質問はやご相談はこちらから、お気軽にご連絡くださいませ!

ではまた、ごきげんよう。
2021.06.24

幼稚園・小学校の選び方

こんにちは。ことばの発達アドバイザーのまゆみです。

幼稚園選び・小学校選びのご相談が増えてきました。
弊社から近い私立小学校は、淑徳小学校・星美学園小学校・聖学院小学校の3校になります。いずれも幼稚園が併設されています。

幼稚園を選ぶときに、お子様の大学生までイメージしていただき、落とし込んでいきます。
「まだ先のことで、子どもの意思を尊重したいからわからない」と仰る方、ごもっともでございます。

ご両親の出身校が目標のケースは多いのですが、それが無い場合は、お子さまがいずれ学校を選ぶときにどこでも選べるように、目標校を高く設定いたします。仮に東京大学としましょう。東京大学に多く入学されている高校に進学していることは、確立を高くすることになるでしょう。その高校が中高一貫校でしたら中学受験が必要になりますね。中学受験をする方向になるのであれば、地元の公立小学校か、越境するか、私立小学校か、そんな風にご夫婦で意見を交わしていただくことで漠然としていた将来に方向性がイメージできます。よく山登りにたとえられますが、登る道はいろいろありますから、親が関与できるのはより幅の広い方向性と多くの道筋を示すことでしょうか。

幼稚園選びで多い質問は「どこの幼稚園がお勧めですか?」「うちの子にどこが合いますか?」の2つです。お預かりしているお子様ですと性格もわかってきますし、わりと客観的な意見をお伝えすることはできます。

例えば、好奇心がおおせいで型にあまりはまらないようにお育てになりたいご家庭は、1学年80人以上3クラスくらいの大規模幼稚園、反対にことばもゆっくりで早生まれさん、丁寧に見ていただきたい場合は1学年30人未満の小規模幼稚園、しっかり者で言葉が達者なお嬢さんでしたら2クラスある中規模幼稚園、小学校を私立希望なら付属の幼稚園がお勧めになります。ご自身のお子さんは、いかがでしょうか?

コロナ禍ではありますが、実際に幼稚園も小学校も足を運ばれて、ご家庭の教育方針に合うのか、雰囲気はどうなのか等、感じ取っていただくことは必須ですね。子どもに合う幼稚園は、ご両親が良いと思う幼稚園であることは間違いないでしょう。ぜひ、ご見学や体験をなさってお子様の将来の姿を重ね、選んでいただきたいと思います。そして悩まれるときは、ご相談くださいね。

それではまた、ごきげんよう!
2021.06.15

公立と私立の違い

葉っぱのバッタちゃん<br>

葉っぱのバッタちゃん

こんにちは。
ことばの発達アドバイザーのまゆみです。

いよいよ、幼稚園・小学校の説明会が始まりましたね。

私の得意分野は「0歳からのオムツ外し」と「0歳からのことばをひきだす」ことですが、15年も地域密着で保育事業に携わっていますと進路相談も多く、4歳以降のお子さんの将来について悩まれる保護者様の相談を受けることが多々あります。

「学習」「しつけ」「睡眠」「食事」「言葉遣い」「体力のつけ方」「便秘」「卒乳」「虫歯」etc.


ご質問で多いのは、「どこの幼稚園(小学校)がお勧めですか?」、ダントツに多いです。
お子さんに合う良い幼稚園(小学校)を探したい親御様のお気持ち、よく分かります。

前野町周辺ですと、幼稚園は私立がほとんどです。

小学校になると身近な私立は淑徳小学校、北区に星美小学校、成立学園小学校がございます。

幼稚園・小学校問わず、私立には設立者の思いや信念が引き継がれています。
そのお考えが「ご自宅の教育方針に近い」、保護者様が「素敵だな」とお感じになる場所が、お子さまにとって合う幼稚園・小学校です。そう、私立の場合は、保護者様がファンになれるところをお選びになると良いのです。

公立と私立は費用が違いますから、ハード面が大きく異なります。
私立小学校の設備は整っていて素晴らしいです。

有料のサービスと無料のサービスが一緒であるわけはありませんから当たり前のことでしょうが、今の子供たちは恵まれているな~と感じます。何もかも与えられて恵まれすぎていたら、社会に出て対応できない人になるかも知れない、とお考えになる方もいらっしゃることでしょう。子どもはたくましく育ってほしいですもの!

小学校は私立を希望されるなら、附属幼稚園をお選びいただくと、小学校受験に費やす時間と費用が軽減され、その分習い事や幼児教育に費やせることでしょう。

公立・私立どちらを選ばれても、正解です。
子どもの人生は、始まったばかり。与えられた環境から何を学び、何を吸収して成長するかは、子どもが考えますから。

保護者様は自分の感性で、価値観の中でお選びください。
子どもの教育は学力向上だけではありませんから、ぜひ説明会に足を運ばれて環境や雰囲気をお感じ頂ければと思います。

子育てに悩まれている保護者様、幼稚園・小学校の受験について「するかしないか」悩まれている保護者さま、悩んでいる時間がもったいないです!私たちプロにご相談ください。

ママ友に相談できない本音トークOK、活字にはできないお受験事情もお伝えできます!

ではまた、ごきげんよう。